スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.11.26 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

新型インフルエンザのワクチンを受ける

新型インフルエンザのワクチンを受けることができるようになります。今年の秋には6人に1人に新型インフルエンザのワクチンを受けることができるようになるそうです。冬に向けて準備が必要です。

夏に向けて新型インフルエンザも落ち着いてくるようですが、寒くなるとどうしても2次感染が心配されるので日本国内ではワクチンを一人でも多くの方に受けてほしいと思っています。

これ以上感染者が増えないようにする為にも予防としては大事なことではないかと考えています。子供から大人までワクチンを受けることは出来ると思うのであなたも用心はしていたほうがいいのかもしれません。

ウガイ・手洗いは流行りを気にせずに毎日続けることで意味があるので風邪など関係なく外から帰ったらするように心がけたいものですね。いつまで騒がれるのか分からない新型インフルエンザですが予防対策の一つとしてワクチンを受けられることが適切ではないかと思っています。

★困っている方にどうぞ★

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090605-00000018-yom-soci

 米国から入手したウイルス株を、近くワクチンメーカーに配布する。メーカー側は7月上旬にも製造を開始し、11月ごろからワクチンの接種が可能になる見通しだ。  国内のワクチンメーカーは4社・団体しかなく、製造量に限りがある。新型用ワクチンを製造するには、毎冬流行する季節性インフルエンザ用ワクチンの製造設備を切り替える必要があり、厚労省が新型用と季節性用のワクチン製造割合を検討していた。

中略

「今月中に3000万〜4000万人分を確保できる見通し」(厚労省幹部)とされる。例年の製造量(約5000万人分)よりは少ないものの、同省は一定量は確保できたと判断し、新型用ワクチンの製造に切り替えることにした。


スポンサーサイト

  • 2011.11.26 Saturday
  • -
  • 10:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 
コメント
コメントする








   

selected entries

categories

links

評価の高かった記事

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM