スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.11.26 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

渡る世間は鬼ばかり、やっぱり泉ピン子(五月)

渡る世間は鬼ばかりでえなりかずき(眞)のひきこもりに対する対応を見て泉ピン子(五月)のスタイルが変わったのかな?と心配していたら、やっぱり変わっていませんでしたね。前回はパチンコエヴァンゲリオンにはまってて見逃しました。
子供思いの行動は相変わらずでした。えなりかずき(眞)のひきこもりをみかねて、あれほど嫌っていた、えなりかずき(眞)の元バイト先の社長・大井(武岡淳一)に会いにいきお願い事をしにいきましたね。なかなかできないことですよね(^v^)
こういったとき泉ピン子(五月)はかならず「おかくら」に顔を出しますよね。そしてかならず事件がおきます。今回は父の大吉(宇津井健)がいそいそと玲子(池内淳子)を喫茶店に連れ出すシーンを目撃して唖然とする場面があります。あーいう表情は泉ピン子の演技力ですね。
こんなときの夫の勇(角野卓造)も絶対っていっていいほどなにかやらかしてくれます。今回は佐藤B作(典介)にバンドのことをしられあたふきます。独特の雰囲気ですよね〜。微妙なハゲ具合は日本のお父さんというかんじ爆発です。(リバイルなんか使うといいんでしょうけどね)。
みなさんは毎回見逃さずにみれていますか?わたしは録画するのを良く忘れるんで、人に借りたりしています。こういうときは友達って大事だなと実感しますね。
今日は見れたんですが来週は用事はいっているんで録画していこうと思っています。
それではまた

スポンサーサイト

  • 2011.11.26 Saturday
  • -
  • 21:45
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


selected entries

categories

links

評価の高かった記事

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM