スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.11.26 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

テニスウィンブルドンでファッションショーのシャラポワ

テニスのウィンブルドン、盛り上がっていますね(~_~)。シャラポワ効果抜群ですし、テニス最高最大のウィンブルドン大会というのが一番ですね。ニュースでしりました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080625-00000908-san-spo
シャラポワの試合修了後の記者会見での、テニスに関する質問っていくつあったと思いますか?


なんと


たった2つだったそうですよ!。


もはやテニスの大会という雰囲気ではありませんね(-_-メ)

まぁテニスで強いシャラポワやセリーナ・ウィリアムズ(米国)、男子の今回で6連覇を狙うロジャー・フェデラー(スイス)らがやっているんで問題はないんですがね。
ロジャー・フェデラー(スイス)のウェアはここでゲットできますね

これがテニスでは、ほどほどに、という実力のテニスプレイヤーがやると一気にパッシングのネタなんでしょうが・・・

また、シャラポワはファッションやデザインセンスが飛び抜けていますよね。オフの時はモデル並のことをやっていますしね。


今年の衣装はタキシード風に仕立てた純白のコスチュームでしたね。
今年のテニス、ウィンブルドン大会でのファッションテーマは

「英国伝統の洋服仕立て」

下のウエアも優雅なブラウス風で、スカートに代えてショーツをはいているというのも女子テニスプレイヤーの常識を越えていますね。

両耳には2万5000ポンド(約530万円)の高級イヤリングをつけているのが、なお、シャラポワのセンスの良さをアッブさせていますね。


運動性能よりファッション重視のコスチューム


そこはどうなんでしょうね?初日に登場したセリーナ・ウィリアムズ(米国)は純白のトレンチコート姿でウオームアップして初日の話題を独占しましたが、「暑かった」と本音を漏らしています。

ファッションもいいですが、やるならやるでシャラポワのように

「本番の7カ月前から試すのが普通。今は来年秋の新作を試している。ウィンブルドンだからこそ意味があるのよ」。


これくらいは徹底してほしいですよね。

今大会の“ファッション大賞”の呼び声が高い。セリーナ・ウィリアムズ(米国)、男子でも6連覇を狙うロジャー・フェデラー(スイス)
とあわせた、
3人はいずれもナイキ社と契約しており、世界の注目が集まるウィンブルドンは格好の新作発表の舞台となっているみたいですね


追伸ロジャー・フェデラー(スイス)と同じウェアー楽天で購入しちゃいましたf^_^;


スポンサーサイト

  • 2011.11.26 Saturday
  • -
  • 17:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 
コメント
コメントする








   

selected entries

categories

links

評価の高かった記事

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM