スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.11.26 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

アンジェリーナジョリーハリウッド女優一線を退く

ハリウッド女優のアンジェリーナジョリーが映画界から距離をおくと発表しましたね。アンジェリーナジョリーがハリウッド映画の一線を退く理由は家族を大事にしたいとのことです。

http://news.livedoor.com/article/detail/3899740/
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081114-00000125-reu-ent

ジョリーは「(映画出演は)多分1年に1本になり、それから3年に1本になり、そしてごく自然に、このごろは家にいることがとても好きだ」と述べた。

ハリウッド女優としてのアンジェリーナジョリーはわたしの好きなハリウッド女優のひとりです。あの女性としての髪の艶やしっかりした育毛ヘアケア対策なんかは素人の女性なんかは宣伝してある柑気楼なんかではまねできないですね-。

ハリウッド女優としてのアンジェリーナジョリーは色気ある演技と肉体派の演技を両方こなせる大人の肉体派女優ですからね。メタボリックに悩む私の低炭水化物ダイエット対策の見本です。少し惜しいですが仕事に打ち込み過ぎて離婚率が高いハリウッド女優たちの二の舞になるよりはいいかもです

今日のお題なんですが2008年おすすめ小説ベスト3を大募集!ということですが今日はハリウッド女優アンジェリーナジョリーについて書いたのでそれにちなんだ小説を紹介
かなり古いですが小説に新しいも古いもないというのが私の持論ですのであしからず
(中学の頃の小説未だに持っています)

一つ目は「肩をすくめるアトラス」です。
ハリウッド女優とアンジェリーナジョリーとブラッドピットその二人の共演ではということで話題になった小説です

二つ目は『カジノロワイアル』です
ボンドガールに扮するかもしれない。実現すれば、新ジェームズ・ボンドに決まったダニエル・クレイグと『トゥームレイダー』以来の再共演ということになるというハリウッド映画の注目を集めましたね。実際は実現できませんでした

3っつ目は「ボーン・コレクター』です
ベストセラー小説を映画化したサイコ・サスペンス。トラウマを抱える女性警官アメリアを好演しブレイクしたハリウッド女優として踏み出したアンジェリーナジョリー出世作の一つです。

まぁ映画ではもっとありますけど小説題材ということでこの三つ読んだことがあるんで。


スポンサーサイト

  • 2011.11.26 Saturday
  • -
  • 19:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 
コメント
コメントする








   

selected entries

categories

links

評価の高かった記事

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM