スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.11.26 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

裁判官の悩みはげができるはずです

裁判員制度精神的フォローは誰が?

裁判員制度がいよいよ秒読みなんですけど、裁判員の精神的ケアの話はあんまり話題になっていませんでしたね
その問題について興味深いメールがあるとニュースで行っています

《「人の命を奪ったものは自分の命で償うべきだ」と考えているので、殺人事件では「死刑」を主張することになると思う。ただ、その結果、被告が死刑になり、そのショックで自分がPTSDになったとき、誰がその責任をとってくれるのだろうか》
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081210-00000506-san-socihttp://news.livedoor.com/article/detail/3930145/

いやもっともですね裁判官制度を考えたときに人が人を裁く、正規の法の番人の裁判官ならまだしもそうでない「ずぶの素人」が人の一生を左右する判断をこなすわけです。法律の知識がないひとも選ばれます。 アメリカでも陪審員制度として定着していますが色んな悪評があります

まず感情に左右されやすい、つまり世論の高まりに左右されるわけです。普通の裁判でも世論は影響します

それが通常は普通にニュースを見たり報道番組をみる一般人ならなおさらです。法律解釈に則った正しい理性的な判断なんてできるんでしょうかね?

その時はいいです。世論も味方してますし。でも熱が冷めて「あれはやりすぎ」なんてことがよくあります。
冤罪とまではいきませんがキツすぎる判決だった。世論は無責任なところがあります。感情に左右されます

判官ひいきという言葉もあります。世論なら問題ないですけど実際に判決を下すことに携わる裁判員なら責任感も出てくるでしょう

誤った判断をしたならそれがために相手の一生を狂わすのですから

10円はげですめば安いものです。そんなのは

のようなブログでもあるようにあとで解決できます。

でも心に傷をおってしまっては?
http://hy.jyouhoukansa-ti.com/
のような心理カウンセラーに頼まないといけなくなるでしょう。(ここは無料のメール相談してくれるんで安心ですけど)
裁判員制度も考えないといけないですね

クリスマスに聴きたい曲は何ですか?
わたしはケミストリーの「MY GIFT TO YOU」です

JUGEMテーマ:発毛・薄毛対策

スポンサーサイト

  • 2011.11.26 Saturday
  • -
  • 11:54
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 
コメント
コメントする








   

selected entries

categories

links

評価の高かった記事

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM